キャビテーション

キャビテーションのメリットとデメリットや、施術による副作用と安全性について

キャビテーションダイエットは、超音波をあてることで脂肪を溶解して体外に排出させるちからがあります。痩せたいけれど二の腕だけ痩せたい、太ももだけ痩せたい、など部分的に痩せたいところがある方にとって、痛みがなく簡単に痩せたいところだけ痩せられるというメリットがあります。その他にも、なかなか取れないセルライトや余分な脂肪の原因となる脂肪細胞に直接働きかけてくれるので、即効性が期待できて痛みがなく楽に痩せることができるというメリットあります。脂肪をとるためには、メスを使ったり脂肪吸引したりと様々な方法がありますが、からだに負担をかける方法はダウンタイムや大きなリスクを背負うことになりますが、そのような心配はありません。また、無理食事制限や過度の運動もないので、無理なダイエットによるリバウンドの心配がありません。

 

キャビテーションのメリットとデメリットや、施術による副作用と安全性について
キャビテーションはよいところがたくさんありますが、施術は回数を重ねることで効果を感じることができます。1回でも効果はありますが回数を重ねなければ十分な効果を感じることはできません。また、専用のマシンを使用するので費用は安くはなく、エステサロンによっては高額に設定されているというデメリットがあります。またキャビテーションは、脂肪細胞を分解して部分的に痩せることが期待できますが、分解した脂肪を排出する必要があります。そのため、基礎代謝を上げて汗やリンパを通じで排出させるからだ作りが必要になります。

 

キャビテーションのメリットとデメリットや、施術による副作用と安全性について
キャビテーションの副作用としては、超音波による音が頭に響いたり施術後もその音が耳に残るという可能性があります。また、分解された脂肪細胞は老廃物を排出する働きのある肝臓へ集められるので、肝臓への負担が増すため、肝機能に何らかの問題がある方には向いていません。施術後が胃腸の不調があらわれることがあるので、施術後1時間程度は食事を控えることがおすすめです。その他にも、骨のもろい方、怪我や火傷がある部分への施術、妊娠中の方は受けることがせきません。

 

キャビテーションは、安全性が確立されているダイエット方法なので、重篤な副作用の心配はありません。しかし、脂肪を分解するので急激に脂肪が減ることでからだのバランスが崩れる可能性があります。人によってはだるさを感じたり、一時的な中性脂肪値の増加、減った脂肪をからだが補おうとして食品カロリーの摂取効率が高くなることがあります。そのため、施術直後の食事は控えるようにします