キャビテーション

キャビテーションがもつ背中の贅肉を減らす効果について

肩甲骨が出て余分な脂肪がない背中は女性にとっての憧れです。しかし年をとるほど付きやすくなり運動と食事制限がないとなかなか痩せづらいものです。しかも筋肉がつきにくい場所なので、筋肉トレーニングを行っても効果が出づらいでしょう。そのような不要な贅肉を簡単に減らしてくれる痩身術は是非とも受けてみたいものです。

 

キャビテーションとは、液体に圧力を加えることで起こる気泡の発生と消滅を指します。気泡が弾けて消滅する衝撃には物体を破壊するほどの力があります。この現象を利用して脂肪を破壊する痩身治療がキャビテーションです。メスも薬剤も使わない美容治療ということで、体に傷を付けることなく手軽に痩せることが期待できます。また、施術時には痛みがありません。ここではその効果のうち、特に背中の贅肉を減らす効果について説明します。

 

キャビテーションがもつ背中の贅肉を減らす効果について
実際の治療は、脂肪細胞にのみ作用する特殊な周波数の超音波を体外から与えることで、脂肪細胞膜を破壊して脂肪細胞を減らしていきます。超音波をあてる箇所は手の平二枚分程度ですので、脂肪の多い特定の箇所に照射することになります。脂肪細胞が壊れるとそれが老廃物となり、血液やリンパを介して体外に排出される仕組みです。
この痩身術はお腹や二の腕など、脂肪が厚い箇所に用いられますが、もちろん背中を対象に行うことができます。むしろ背をターゲットにする方が、成果が出やすいかもしれません。その理由を見てみましょう。

 

肩甲骨周りには褐色脂肪細胞という脂肪燃焼を促進してくれる細胞があります。すなわちこれを刺激すれば痩せることが期待できるのですが、背は自分の手が届きにくく、マッサージをすることが難しい部位です。このような箇所に対してキャビテーションを行えば他の部位を対象にするよりも効き目がありそうです。実際に、短期で痩せたい場合に背中に当てる人が多いです。
意外に背部には贅肉がついているのです。ブラジャーを取るとその跡が付く方は非常に注意が必要かと存じます。他の箇所よりも面積が大きい分、総量で見ると相当の量になるでしょう。そのような場所の脂肪細胞を集中的に攻撃すると、効率的に痩せることが実現できるのです。

 

キャビテーションがもつ背中の贅肉を減らす効果について
さらに、肩こりやむくみがひどい方にとっては喜ばしい効果があります。そもそも運動しなかったり姿勢が悪いことで血流が悪化しそれが肩こりやむくみにつながり、さらには背面の贅肉になるのです。背中にキャビテーションを行うことで、そのような体の不調も解決できます。